AL-38432DSとAL-38432DQの比較

娘にAL-38432DSをあげたので、と言うのは半分言い訳でAL-38432DQを買った。買った当初は高音がちょっときついという印象を受けたのだけど、半月経ったら本当にずいぶん落ち着いたので、両者を比較して感想を書いてみたいと思う。因みに音源はPCで再生するCDやmp3で、PCとはUSBで接続、音はYamaha msp5 studioにrca-フォンケーブルで接続して出している。

AL-38432DS(以下DS)とAL-38432DQ(以下DQ)を繋ぎ変えてまず感じるのが音像定位の違いで、DSは左右のスピーカーを鳴らしている感じがするのに対して、DQはヘッドフォンで聴いているようにギュッと纏まる感じがする。それから、曲の音数が多い時にもDQは音それぞれがよりそのまま聴こえる。

オンマイクで撮られた生楽器の音は、DSが「録音されたデーターそのまま」という感じとすると、DQは「マイクで拾ったそのまま」という感じだ。臨場感というより、オンザケーブル、エンジニアリングそのまま感、そういう音がする

また、DQで電子音楽を聴くと曲の印象は別物だ。キンキンガリガリとゴキゲンな事この上ない。DSでも聴けば音はちゃんと出ている。でもDQのこの音は、実に楽しい。

ただ、ここまで誉めそやしておいて何なのだけど、DSと比較して音質の差はそんなには大きくないと思う。なので、このブログのレビューを読んでもDSを窓から捨てたり、DQに過大な期待をしたりはしないで欲しい。
結論として、これからこのクラスのDACを買うのならお勧め。しかし、AL-38432DSとか同クラスのDACをすでに持っているのなら買い替えや買い増しは趣味の範囲、といった所か。

しかし、手ごろなDACとアクティブスピーカーだけで、しかもその辺の安ケーブルで繋いだだけでここまでの音が出てしまうとは、最近のオーディオ機器には恐れ入る。実のところ大満足で曲聴いているとウキウキ踊ってしまう。
今窓のカーテンが開いている事に気づいた。ご近所さんに丸見え。

Posted by kln2