さようならプレオ こんにちはトコット

2019年11月21日

スバルプレオ(RA)は、大変良い車であった。
(自分でぶつけて壊した箇所を別にすれば)大きなトラブルは一切なく、パワーウィンドウのスイッチが壊れたくらいだ。
運転のフィールは素晴らしく、ハンドルを切ると自分の体を中心にして思い通りに曲がって行く感覚。それはまるで前輪の上に椅子が有るといった感じだった。
しかしとても遅い車で、夜中の国道16号をトラックとかハイエースとかのお邪魔にならないように走るには必死で4気筒エンジンをぶん回す必要があった。それも楽しい思い出だ

本当は次の車もまたスバルが良かったのだけど、残念ながら今スバルは軽自動車を作っていない。と言う事で、今回はダイハツのトコットを買った。

他に候補として挙げていたのは、デザインが気に入ったダイハツのムーヴキャンバスとスズキラパンなのだけど、比べて試乗してみたらトコットは乗り味に変な癖が無く、意外と良いので気に入った。車は乗ってみないと分からないものだ。

トコットについては近いうちもう少し詳しく書いてみたいと思う。

*追記はこちら

Posted by kln2