場所と時間

8月の大雨以来しばらく壊れたままだった近所の流れ橋が、最近復旧された。今回はこんな感じ。

材料は、足場に置かれる鉄のステップによって作成されている。高さは水面すれすれだ。

全景はこんな感じ。台風によって出来た中洲を通って対岸に渡るようになっている。橋の位置は若干下流に移動した。以前は左に見えるむき出しになったコンクリートの基礎の辺りに掛かっていた。ちなみに以前の橋はこんなかんじだった。

橋のデザインが変わった理由は多分、川幅が台風によって広がったからだと思う。どの位広がったかと言うと・・・

上は以前に撮影された写真。土手にはこのように道があったのだけど、この道すれすれのところまで削れて崖になってしまった。

今水が流れている所はほとんど今回の台風で削れた部分になる。

別にブログ書こうと思うこともなく日々を過ごしていたら更新が滞ってしまった。
久しぶりにWordPressの画面を開いたらミラトコットに関して書いた文章は割とアクセスがあったので、距離が延びて体も車に慣れてきたので一点追記をしておこうと思う。

是非書いておきたいのはハンドルの操作感覚について。前に感想を書いた時には書かなかったのだけど、ハンドルの手ごたえについて気になる所が有った。それは中立付近での手応えの無さで、当初はやっぱりちょっと気になった。
全体にハンドルの軸にゴムが挟まっているような感じに加え、特に道を真っ直ぐ走っている時、回す幅としては10~15cm位の間なのだけど、その間が妙に軽く手ごたえが無い。極端に述べると昔の車でいうハンドルの遊びがある感じで、実際ハンドルを指一本位の幅位左右に揺すっても車は反応しないような感じがする。
これが昔のスバルプレオ(RA2)だとちゃんとハンドルを通して手に路面の感じが伝わってきたし、ちょっとハンドルを切っただけで車体は自転車のように素直に方向を変えていた。それに慣れていたのでトコットの中立付近のダルさには正直、 やだなダイハツはやっぱ車はスバルだな、とか思っていた。

でも、トコットを乗るにつけこのハンドルについては別の意見を持つようになってきた。これはこれで良い、いや、状況によってはかなり良いと思う。

状況というのは具体的には夜の国道16号で(またかと思われるかもしれないが結構な頻度で走るので)、この道ではこのハンドルが、まあ楽なのである。
反応が無いように思えたハンドルのセンター付近でも実は車の進行方向はちゃんと変わっていて、そのダルい味付けが修正舵を当てるのをかなり楽な仕事にしているようだ。

実際、プレオで下道を走るときは1時間から1時間30分位走る度にコンビニに寄って休んだりしていたのだけど、それがトコットだと2時間以上走っても全然疲れず、そのまま目的地まで着いてしまったりしている。なので、下道を長く楽に走りたいという人にとっては、トコットは良い車だと思う。

ちなみに高速道路はどうかというと、横風にはちょっと弱くエンジンのパワーも無いのでやはりそれなりだ。

しかし私の住む八王子では、トコットは発売から1年以上経ってもあまり見かけない。近所の家に一台あるだけだ。
同じダイハツでもムーヴキャンバスは結構見かけるのになぁ。

*ちなみにトコットについて以前に書いた記事はこちら