日々日常

一昨日の事、パソコンに付けているHDDが一台故障した。

HDDというのはまれに故障するもので、私がHDD付のパソコンを使い始めてから通算6~7個位、いや数は忘れてしまったけど、もっと壊れていると思う。
今回の分はWindowsの二重化された記憶域を構成していたものの一つだったのでデーターは全く問題は無いのだけど、しかし復旧にはそれなりに時間がかかる。昨日部品がウチに届き、今朝から復旧作業を始め、日が暮れた。しかし、データーのコピーが終わるのにあと6時間はかかるらしい。
仕事が忙しい時期ではなかったのが不幸中の幸いだ。

ふと考えた事

生協のチラシはボリュームがあり出来がとても立派なもので、載せられている物も普段見ないお惣菜等とかお菓子とかが沢山乗せられていて、有るとついついじっくり読んでしまう。

何故広告を読むのが楽しいのか? それは多分、見る事によって欲しくなる事を知っているからだ。つまり欲望がモリモリ沸いてこれ欲しいこれ食べたぁい、という状態になる事そのものが楽しいのだと思う。
言い換えると、欲しいから買う。ではなくて こういうのは、欲しい状態になりたい。という所から始まっているような気がする。

関係ないけど娘が左手に持っているのは食べたバナナの皮。捨てるのも忘れて広告に見入っている。

日々日常

新型コロナウィルスの流行によってなのか、近所のスーパーでは食料品の品切れが起きている。
買い物に行った奥さんと娘の話によると、米は売り切れ、パスタも売り切れ、食パンさえほとんど売り切れだったそうだ。
こういうのは予想なので、素早く予想し、かつ素早く行動した人から買って行くのだろう。 新型コロナというヘッドラインを読んだときにそれをてっきり車の事だと思った私のような間抜けな人間だと、気づいたときは何も売ってません、という事になってしまう。

という事で、彼女達はまだ売っていたトッポッギを買ってきて、今晩のご飯になった。
奥さんが袋の後ろに書いてあるレシピをよく読んで作った鍋は、見た感じ全く違う料理に見える。しかしこれはこれで美味しかった。