日々日常

日々日常

 クレープは美味しい。生クリームやアイスクリーム、フルーツ等甘い物を包んで食べるお菓子のイメージが強いけど、お肉やソーセージにレタスを巻いてマヨネーズ味で食べても美味しい。甘く、バターの効いた卵の風味と、塩味、そしてしっかりした肉の旨味は大変良く合う。
それじゃ食べごたえが足らないというのなら、ごはんも入れちゃえばいい。味は問題なく旨い。しかしそれはクレープなのか? それとも茶巾寿司の一種なのか?

 ウチではこういう料理はカセットコンロを使って、家の外で行っている。こうすれば台所が油等で汚れる事も無い。それに後片付けも掃除も楽。
問題は前の道を歩く通りがかりの人に丸見えな事で、これは前住んでいたアパートのベランダと違う所。私もよくこの場所でたこ焼きとかお好み焼きとかを焼いているのだけど、皆さん見るとはなしにチラ見してきて、結構恥ずかしい。
 それで思い出すのは、昔社会科の授業で見たスペインの事情というビデオだ。そのビデオの中では、スペイン人はみんなごはん時に路上に出て来て、それで七輪みたいなのでイワシを焼いていた。
八王子もスペインだと思えばいいと思った。そして私はスペイン人だ。オラコモエスタ。ニッコリ笑ったら目をそらされた。

日々日常

 修理をしながら長年使っていたオーブンレンジがついにトレイが全く回らなくなってしまったので(それでもしばらく使っていたけど)、新しいものを購入した。
 新しいのは代表的な調理について幾つか専用ボタンが用意されていて、そのボタン一つで加熱が出来るようになっている。面白いのはその中に「焼き芋」というボタンがある事だ。これを見ると、焼き芋はどうもトーストと並ぶほどに需要が有るらしい。

 しかしサツマイモの焼き芋は美味しい。ウチではストーブを焚く季節になるとよく、アルミフォイルを巻いたサツマイモを上に置いて焼いている。個人的にはこの調理法が一番だと思う。甘くねっとりした食感になる事、そして何よりちょっと焦げてコーヒーにも似た良い香りが付く所が好きだ。